30代のしつこい!大人ニキビ対策!化粧水どれ?

 

低価格なトライアルキット or 返金保証あり

 

実際に使ってみて、あなたのお肌にあわなかったら、お金がもったいないですよね。

 

そのため、トライアルキット or 返金保証がある化粧水を中心にご紹介します。

 

乾燥肌・敏感肌でも大丈夫か?

 

どのお肌でも安心・・・・といった化粧水もありますが、やはり乾燥肌やデリケートは敏感肌でも安心なものをご紹介します。

 

※例えば、オイリー肌の洗顔料を使って、皮脂を過剰に取ると余計に乾燥します(涙)

 

添加物がない

 

合成香料; 着色料; パラベン; アルコールなど、添加物を気にする人が多いです。

 

特にデリケートなお肌(※敏感肌)の人でも利用できるニキビ跡化粧水を中心におすすめします。

 

※化粧水によっては完全無添加というわけではないです。

 

30代向け!ニキビ化粧水ランキング

 

富士フイルム ルナメアAC

 

 

  • 返金保証:なし
  • 内容:7日間のトライアルセット
  • 初回限定:1,080円

 

 

【こんな人におすすめ】

 

  • 乾燥肌&肌がデリケートで敏感
  • 毛穴の詰まりが気になる人
  • 赤みが強いニキビで悩んでいる人

 

ルナメアACの最大の特徴は”やさしく続けやすい”
乾燥肌・敏感肌やデリケートなお肌に最適なニキビ対策キットです。

 

 

 

テアテ

 

 

  • 返金保証:30日以内
  • 内容量:100ml

  • 初回限定:1980円

    2回目以降の定期購入:4,980円

 

【こんな人におすすめ】

 

  • 脂性肌・乾燥肌・敏感肌で大人ニキビが気になる人
  • できるだけ安く、継続したい人
  • にきび化粧水ランキングbPがいい人(※エムズワーク調べ)

 

 

テアテは20代〜30代のニキビに悩む女性を中心にSNSで話題の化粧水です。

 

 

リプロスキン

 

 

  • 返金保証:60日間
  • 内容量:100ml
  • 初回:4,480円

 

【こんな人におすすめ】

 

  • ニキビの”シミ”・ニキビ跡が気になる人
  • いつでも解約したい人!(※縛りがない)
  • 返金保証の期間がが長いほうがいい人

 

肌に優しく、赤いニキビ跡にピッタリの美容液”リプロスキン”

 

60日の返金保証付きなので、気軽に申し込むことができます。

 

 

ニキビでお悩み!Q&A

 

ニキビが気になる女性

 

 

ニキビ跡(クレーター)ができる原因は?

 

ニキビ跡(クレーター)とは、ニキビによる炎症で周辺の組織が傷つてしまい傷跡として残ってしまった状態のものを指します。ニキビ跡(クレーター)は、ニキビ跡の中でも重度のものです。

 

ニキビ跡(クレーター)ができる原因は、肌の内側の真皮細胞がダメージを受けることによってできます。

 

このことによりダメージを受けたところと、受けてない部分との間でターンオーバーのサイクルに乱れが生じ肌が凹んだ状態になってしまうのです。ニキビの炎症が、表皮だけでなく真皮を内側から支える皮下組織までに到達すると、かなり高い確率でニキビ跡(クレーター)ができてしまいます。

 

ニキビを自分で潰すとニキビ跡(クレーター)の原因になってしまうことがあります。ニキビを自分で潰してしまうと、
手などに付着している細菌が皮膚組織の中に入って炎症が悪化してしまう危険性があるからです。炎症を起こしていない白ニキビや黒ニキビでも潰すことにより、炎症を引き起こす可能性があるので注意が必要です。

 

また、ニキビを潰すと周辺の皮膚も一緒に傷つけてしまい、ニキビの炎症を拡大してしまう恐れがあります。どうしても潰したい場合は皮膚かなどの医療機関に相談するのが一番です。

 

 

白ニキビができる原因

 

ニキビの中でも軽い症状に分類される白ニキビの原因は、毛穴に入り込んだ皮脂が出られなくなってしまうことです。

 

毛穴を塞ぐものでは角栓が有名ですが、ファンデーションやシャンプー、リンス、塵等も詰まることがあります。

 

これらが詰まると白ニキビができますので、毛穴詰まりには気をつけなければなりません。

 

また、皮脂の分泌量が増えすぎることも原因になります。

 

皮脂が多くなると毛穴はすぐに塞がってしまいますが、ちょっとしたことで変化しますのでコントロールの難しい部分です。

 

分泌量を増やす要因として多いのはホルモンバランスの乱れであり、女性は月経前になると卵胞ホルモンよりも黄体ホルモンが優位になりますので白ニキビができやすくなります。

 

栄養バランスが偏っている時や不規則な生活が続いている時、強いストレスを受けた時にもホルモンバランスは崩れます。

 

他には肌の乾燥が引き金となることもありますので、乾燥肌の人でもニキビには気をつけなければなりません。

 

乾燥すると水分が足りなくなって肌が乾いている状態ですのでニキビとは無縁のようにも感じますが、過度な乾燥状態に陥ると皮脂の分泌を増やしますのでニキビに悩まされることがよくあります。

 

 

おでこにニキビができる原因

 

大人になってもおでこのニキビにはしばしば悩まされます。

 

せっかく治ってもすぐにまた出来てしまうことが多いのですが、原因をしっかりと把握して正しい対策を行えば再発を防げます。

 

おでこのニキビの原因にホルモンバランスの乱れがあります。

 

ホルモンバランスが乱れると皮脂腺機能が活発になって皮脂が過剰に分泌されてしまい、毛穴が詰まって酸化が進むことでニキビができます。

 

普段は乾燥肌や普通肌の人でも、ホルモンバランスによっては皮脂過剰に陥りますので注意が必要です。

 

生活習慣ではストレスによって睡眠を十分に取れなくなったり栄養バランスが偏る時にリスクが高まります。

 

肌のターンオーバーに影響が出て古い細胞を排出できなくなると皮膚が乾燥して角質が厚くなったりバリア機能が低下しますので、肌荒れが起こりやすくなります。

 

場所的にシャンプーやトリートメント、整髪料の影響を受けやすいので、付着したままにしてしまうとニキビができます。

 

毎日のシャンプー時には流し残しがないようにしっかりと洗い、整髪料もシャンプーの時に綺麗に落とすことが大切です。整髪料がついたまま寝ると枕等の寝具についておでこのニキビを悪化させてしまう恐れがあります。

 

 

ニキビ用の化粧水の特徴や役割とは?

 

ニキビには大きく分けて2つの種類があります。思春期ニキビと大人ニキビです。思春期ニキビは成長ホルモンの影響で過剰に皮脂が分泌され毛穴が詰まってアクネ菌が繁殖することが原因となるニキビです。

 

洗顔をしっかりと行って肌を清潔に保つことで改善させることができます。大人ニキビは生活習慣の乱れや肌の乾燥やストレスやホルモンバランスの乱れなどが原因となるニキビなので対策が難しいという特徴があります。

 

健康で規則正しい生活を送って体の内側からケアをすることも大切ですし、化粧品で体の外側からケアすることも必要不可欠です。

 

そこで役立つのがニキビ用の化粧水です。ニキビ用の化粧水の特徴としては、炎症を抑える効果が期待できるグリチルリチン酸などの成分が配合されている、
色素沈着を抑制する効果が期待できるビタミンCなどの抗酸化作用がある成分が配合されている、コラーゲンやヒアルロン酸やプラセンタやセラミドなどの保湿成分が配合されている、低刺激で肌にやさしいなどがあります。

 

ニキビ用化粧水の役割としては、ニキビの大敵となる乾燥を防いで角質のバリア機能を高める、
水分と油分のバランスを整えてターンオーバーを活性化させる、ニキビ跡が残らないようにする、炎症を抑えて肌を保護するなどがあります。

 

積極的にスキンケアに取り入れることでニキビの改善や予防をすることができ、使い続けることで健やかな肌環境に導くことができます。

 

 

化粧品のQ&A

 

石油由来の合成界面活性剤が入っている@メリット・デメリットは?

石油から出来た合成界面活性剤と聞くと、お肌に付けるものにはちょっとと思われる方も多いと思います。

 

では天然ならば良いのでしょうか。そもそも界面活性剤がどの様な働きをしているかを知って下さい。
 界面活性剤は洗剤などにも含まれている成分で、水と油のような異なるふたつの性質を混ぜ合わせる働きをしています。

 

洗剤の場合は水を浸透させて汚れを落とす効果があります。同じように洗顔料ではメイクや肌の汚れを落とします。

 

化粧品にはお肌を保湿したりケアする成分が配合されていますが、それだけでは分離したままで機能を果たすことが出来ません。

 

そこで界面活性剤がお互いの成分を馴染ませ効果を発揮させます。界面活性剤の大きなメリットです。

 

天然由来のものもありますが、合成の方が機能が高く酸化しにくいため、長時間安定した働きをしてくれます。
肌が壊れるほどの割合を含んでいる化粧品は商品として成り立たないので、一概に避ける必要はありません。

 

 しかしデメリットも存在します。石油由来の合成界面活性剤はその他の通り石油から抽出された科学的な成分なので、
人によってはアレルギーを引き起こす可能性もあります。洗浄力の高い洗顔料では皮脂分まで取ってしまい、肌が乾燥状態になり外部刺激を受けて状態が悪化することがあります。

 

 界面活性剤の機能と特徴を理解して、自分に合った化粧品を選ぶことが大切です。

 

 

乳液の役割を解説

 

乳液はべとつくのが嫌で、使用しない人もいるかもしれませんが、油膜を張るというしっかりとした役割があります。

 

乳液を使用する前には必ず化粧水を使用しますが、ただ化粧水を使用するだけでは化粧水が蒸発してしまい、肌を保湿する効果を下げてしまいますし、最悪の場合は肌の水分まで一緒に蒸発してしまい、肌の乾燥を更に招く原因にもなります。

 

そこで化粧水を使用した後に乳液を使用することで肌に油膜を張り、化粧水の蒸発を防ぎ保湿成分を肌に閉じ込めることが出来るのです。

 

ところで乳液と同じ働きをするものにクリームがありますが、クリームと乳液を一緒に使用すれば相乗効果を望むことが出来るのか、
という疑問を思う人もいるかもしれません。

 

しかし油膜を張る、という同じ役割を持つものを一緒に使用すると必要以上に肌に油分を塗り込むことになりますので、
相乗効果どころか、過剰な油分によってオイリー肌を招く原因になるので、使用する場合はどちらか1つだけで充分です。

 

化粧水は肌の乾燥を防ぐためにも重要なアイテムですが、それだけを使用するのではなく、乳液を一緒に使用することで保湿効果を十分に得ることが出来るので、
べとつくのが嫌なのであればサッパリタイプを選び、必ず乳液も使用することを忘れないで下さい。